インスパイアーサクセス

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2】「女性の継続就業を妨げる壁」を自ら乗り越えるには

<<   作成日時 : 2015/09/20 03:36   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは。

 前回は、仕事の場面でも、人生そのものにおいても、時間価値を最大限に高める方法を習得するタイム・イノベーションについて紹介しました。

 今日は、働く女性の方向けで、特に以下の方向けに開発した研修についてご紹介します。
     □育児休業から復帰する(している)方
     □短時間勤務制度を活用する(している)方
     □仕事と家庭生活のより良いバランスを望まれている方

 上記の方々のニーズにお応えする内容で、働く女性の今と未来の時間価値を高める「仕事と育児両立のためのタイム・イノベーション®」です。
 
 そもそも、タイム・イノベーションは、仕事の場面でも、人生そのものにおいても、時間価値を最大限に高めることを目的としていますから、今回のテーマである、「女性の継続就業を妨げる壁を社員自身の側から乗り越える」ためにも大変有効な方法なのです。
 今回ご紹介する、「仕事と育児両立のためのタイム・イノベーション」においては、更に、対象である方々の役に立つ内容を加えたものになっています。

 よく聞くのは、対象の方々の実感として「希望がない」「つらいだけ」「やりがいなんて感じない」「心休まる時が無い」「ただただ疲れる」という言葉です。

 まずは直面している状況の捉え方から、もっとポジティブに変革していただきたいなと思っています。そのための、役に立つエキスを詰め込んでいます。「希望」の本質とは何で、どうしたら、日々に希望を抱けるのかということに始まり、多くの「希望」のタネとなり、且つ実践的な内容で構成していますので、この講座を受講していただくことにより、受講前とは世界観もすっかり変わり、希望に満ちた世界が見えてくることと思います。

 タイム・イノベーション®の特徴でもある臨床心理学も、さらにパワーアップし、自分自身への活用に加えて、パートナー、家族、職場の人間関係に役立つ内容が詰め込まれています。特に、将来の様々な重要テーマにおける方向性について考え、その実現に向けて、パートナーはじめ多くの関係する人たちをよく知るための心理的分析手段と、どのように接していけばよいかという方法なども習得できる内容になっています。
 また、自分自身やパートナーのなかなかコントロールできない、心理的な要因による衝動がなんであるのか、それがもたらす影響と対策や、日常生活からお子さんの発達に影響する事柄などについても理解できる内容になっています。

 家庭生活、子育て、自分自身の人生における時間価値向上のノウハウと将来に向かって希望と元気が湧いてくる内容に加えて、時間的な拘束がある仕事についても、最強の段取り力、業務遂行のビジネススキルももちろん身に付けられますよ。
 
 臨床心理学、発達心理学、人間関係論、希望学、時間活用術、環境学を総動員した内容です。

 興味のある方は、ホームページにアクセスしてみてください。

 http://nishimurasouken.co.jp/?page_id=11

 さらに詳しい資料を見てみたいと思われた方は、ホームページの「アクセス」から資料請求をしてみてください。

 今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。
 ではまた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2】「女性の継続就業を妨げる壁」を自ら乗り越えるには インスパイアーサクセス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる